初葱館 ~The Grimoire of dolls

hachuneya.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

魔理沙の寝顔~ただいま東方Project漫画お絵かき中。

b0121904_1572466.gif
▲眠っている魔理沙。紅魔館のパーティで夜通し飲んだ末に、パチェのベッドで寝ちゃった・・・という設定。

 しばらくしたらサイトの方で公開する、連載漫画の最初のカットでし。ギリシャ神話・Endymionのエピソードを絡めたストーリィ展開にしようと目論見中。

 Comic StudioとかSAIとか使ってみたいですけどね。あとフォトショ?基本私はアナログの人間です。あはは…。

私のホームページ:『The Grimoire of dolls』
(サークル あみゅれっとぉ。HP …イラスト&音楽)
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-23 02:04 | 東方Project

ふらっと金沢。

b0121904_18574857.jpg
 写真は石川県金沢市内の≪ひがし茶屋街≫です。以前行った時の光景が、今でも忘れられない。太陽が傾くにつれて様々な表情をみせる加賀百万石・悠久の歴史。

 私が訪れたのは五月の中旬ごろ。湧水に揺れるシャガの花の蒼さが心地よく、古き日本の『ふるさと』が今に生きている…そんな場所でした。路地裏とかに彷徨い出でて、ひょっと暖簾をくぐって見るとお茶屋さん。こんな場所ならずっと迷子になりたい。いやホント、私のおすすめスポットですよ。金沢の大学に行った友達にパルパルしてしまいそう。

私のホームページ:『The Grimoire of dolls』
(サークル あみゅれっとぉ。HP …イラスト&音楽)
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-21 19:05

旅に出たい。

b0121904_1434364.jpg
今日、私のPCのマウス・カーソルが上海人形になりました。可愛いです。
◆参照:http://www.nicovideo.jp/mylist/8034589
b0121904_1205144.jpg

ところで昨日YAMAHAの楽器屋さんに行ったのですけど、浪漫溢れる場所でした。ずっと居たいぐらい。
b0121904_153448.jpg
▲演奏性のみならずデザイン性をも追求したYAMAHA Silent Violin シリーズ。一度は手にとってご覧下さい。

私のホームページ:『The Grimoire of dolls』

(サークル あみゅれっとぉ。HP …イラスト&音楽)
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-20 01:22 | 東方Project

幽玄と無限の画家 『ラ・トゥール』

b0121904_021271.jpg
『二つの炎のあるマグダラのマリア (ライツマンのマグダラのマリア)』
By Georges de La Tour

 ええ、これがあの聖書に記述されている“マグダラのマリア”なの?…正直、イメージが合いませんでしたね。それもその筈、イエスの足に香油を塗り、それを髪で拭ったとされる彼女は、クリヴェッリのマグダラのマリアのように(下参照)、香油壺を持つ豊かな長い髪の女性に描かれることが定番でした。
b0121904_031550.jpg
『マグダラのマリア』
By Carlo Crivelli

 ところがラ・トゥールの場合、香油壺の代わりに髑髏・鏡・蝋燭の炎が描かれています。いずれも、従来のマグダラのマリアとは一線を画すものです。髑髏はヴァニティ(虚栄)と共に静かに迫りくる死を象徴するものでした。常に死と隣り合せだった当事の時代背景(戦争や疫病の流行)をよく反映するものだと思います。

 また、鏡も虚栄の象徴であり、且つ自分の姿を映すことから、『己を知る』ことの意味も生じます。またその像はとどまることなく時々刻々と変化するもので(鴨長明・方丈記)、故に『儚さ』の象徴でもありました・・・。ラ・トゥールの作品はさらに、危うげに揺らめく蝋燭の炎が鏡に映るという、現世の儚さが一層強調される形で表現されており、実に興味深いと思います。

 クリヴェッリの時代(ルネサンス・人間復活の時代)に対して、ラ・トゥールの時代(宗教改革の時代)はローマ・カトリック教会が贖罪に重心を置いた考えを推したため、マグダラのマリアもそれに従い、悔い改める図が一般に好まれるようになりました。特に無視できないのはこの時代、従来の宗教が否定され(宗教改革)絶対的価値観が揺らぎ、その上長期化する戦乱が人身を激しく乱し、さらに追い討ちをかけるようにペストが大流行したことです。このようにして死は、人民にとってより身近なものへと変化していたわけです。

 以上のことから、『ラ・トゥールの絵に死や儚さを暗示する髑髏・鏡・揺れる蝋燭の炎が描かれたのは何故か?』という疑問が理解できます。また、ラ・トゥールの目が常に人々を見つめ続けたことも同時に理解出来ると思います。

私のホームページ:『The Grimoire of dolls』
(サークル あみゅれっとぉ。HP …イラスト&音楽)
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-20 00:55

銅版画の作り方に対する化学的考察

b0121904_20552040.jpg
最近、私は懐中時計を使っています。なんか、お洒落で好きです。

時間を計測しつつ、何かしらの腐食性の薬品を使用する時、腕時計ですと位置的な関係から発生した気体や飛沫に直接接触する可能性が高いですし、特に私の腕時計はやや高価なので、そうなったらかなり凹みますよ。

その点懐中時計の方は、作業台の天井からぶら下げたり出来て便利なんです。

銅版画をエッチングで作るには、銅基盤にニードルで絵を描き、これを硝酸等の腐食液に晒すという手段がとられます。硝酸は濃度によって一酸化窒素や二酸化窒素が生成して厄介なので、塩化鉄(Ⅲ)の酸化還元反応を用いたほうがよいと思いますね。

ああ、版画やりたいな。メゾチントとかもう一度やりたい。

私のホームページ:『The Grimoire of dolls』
(サークル あみゅれっとぉ。HP …イラスト&音楽)
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-19 21:14

茜色 魔理沙スパーク ~ Stars in a stargazer 製作過程01

b0121904_1934248.gif
▲ YELLOW TOOLS VITA :Violin & Reverb

現在私が作成している東方アレンジ曲…『茜色 魔理沙スパーク ~ Stars in a stargazer』です。

原曲はお馴染み『恋色マスタースパーク』。

今回の編曲は原曲+αな感じで、前作の『幽雅に舞え、墨染の反魂蝶 ~ Border of mind』のPiano&Technoとは趣がまた違うかな…でも私の大好きな楽器が活躍する、素敵な仕上がりになりそうです!

b0121904_19345461.gif
▲ 『茜色 魔理沙スパーク ~ Stars in a stargazer』製作風景・スコアエディタ

…というのも、私がPixivで偶然ほれ込んだ絵師様の、彼女の東方絵を見て、編曲の構想を練ったのです。
これからも同様にして、作編曲を行うと思われます。

b0121904_19463732.gif
▲ 『茜色 魔理沙スパーク ~ Stars in a stargazer』製作風景・ピアノロールエディタ


表現媒体が音であったり絵であったり、つまり空気の振動か電磁場の振動かで伝えられるの差はあるでしょうが、やっぱり東方が好きです。

b0121904_19593979.jpg
▲曲中でさりげなく活躍する北インドの打楽器・ダブラ

現在製作工程は、マスタリングまで行っています。最終調整段階。

私のホームページ:『The Grimoire of dolls』
(サークル あみゅれっとぉ。HP …イラスト&音楽)
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-16 20:02

博麗神社例大祭…近し!

b0121904_23285938.jpg
▲ Vangelis in the Studio

私は今回、一般参加です。楽しいお祭りとなればよいですね。

東方Projectに関しては、ネット上でも各方面から様々に論議されているようです。
音楽やストーリィ、キャラクター…賛否両論あるようで、正直驚きました。

私は以前の記事の通り、作編曲の学習過程で偶然東方Projectを知り、そのままファンになったタイプです。
『一度聴いたら、次もまた聴きたい』と思わせる曲は、どんなジャンルであれすごいなぁ、と思います。

但し、これは好みの問題であり、主観論

ある別の楽曲(アニメやゲームBGM含む)と比べて音楽性がどうの、と論じることは無理だと思っています(そういう人が近くにいたのでコメント)。
私はYMOやVangelisも好きですし、ジブリも好きですし、ドヴォルザークやショパンも好き。

それで良いと思うんですけどねえ。

ストーリィやキャラクターも私は大好きですよ。但し、その好きが長じて、公の場で他人に迷惑をかけるようなことをすると、『~厨』と呼ばれてしまいますし、全体のイメージも下がります。

そういうことはファンとして慎みたいものです。

私のホームページ:『The Grimoire of dolls』
(サークル あみゅれっとぉ。HP …イラスト&音楽)
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-15 23:35 | 東方Project

DSK Synthesizer

b0121904_126157.jpg

▲ DSK AkoustiK GuitarZ /
- 4 acoustic guitar type
- Amp. envelope and fine tunning
- Stereo spread and portamento
- 3 Fx (flanger, delay & chorus)
- Velocity response

DSK Music のFree VSTi Plugins は、これで本当に無料なのか、と言うほどの完成度のものが多く、例えばDTMを最近始めたばかりだ、とか、高価な機材は買えないなどの人にはうってつけかも知れません。

また、そうではなくても気軽にさまざまな音色を楽しめると言う点でも、最高の試料かも知れません。

私も作編曲の勉強をするために色々調べていましたが、DAWに標準で搭載されている音源で物足りなくなってどうしようか・・・と思っていたときにこれらに出会ったのです。

Sound font や VSTi など手軽に楽しんで見ると、新しい世界が見えると思いますよ。
自分で音を作るときの、ちょっとした手がかりにもなりますしね。

→DTM作曲コンテスト
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-10 01:36

6000Hit有難うございます!by古明寺こいし

b0121904_16261.gif

私の描いた"古明寺こいし嬢"。恥ずかしいから無断転載はだめね▲

なんと本ブログも6000Hitを迎えました。驚きです!

これからDTMやボカロ、東方ネタを中心に更新していきます。

作編曲の話題から、イラスト漫画、芸術まで…いろいろ。お楽しみに。
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-09 01:08 | 東方Project

2009年例大祭カタログ購入しました!

b0121904_20351442.gif

Yellow Tools Independence / Stand alone ▲

只今、The Grimoire of Aliceのアレンジを行っています。演奏機材としては戦友YAMAHA VSS-30も大活躍。今、こうして音楽を楽しく嗜むことが出来るのも、東方Projectと出会ったおかげです。

神主ZUN氏には本当に感謝なのです。

私は神主ZUN氏を『光と音の芸術家』だと思っています。私も芸術に生きる人間ですが…及びません。

煌く光弾と交錯するメロディ…、そして紡がれる一連のストーリィは、私に彼が“本物”であると確信させるには十分過ぎるものだったと思います。

b0121904_20452847.gif

私の描いた、古明寺さとり嬢のイラスト・恥ずかしいから無断で転載とか駄目ね。▲

こうして私を含む、本来全く交わらない人間同士が幻想郷”という世界によって繋ぎ合わさり、過去最大最高の規模の博麗神社例大祭が開催されるに至ったのでしょう。

今回の例大祭では私の尊敬する作編曲家の先生方・先輩方も数多く参加します。
私としてはわくわくです。

だからこそ、東方とZUN氏を愛するみんなの一年に一回のお祭りだからこそ、みんなで幸せになりたいですね。

前回の例大祭が結構問題が発生してしまったらしく、残念です。

今回購入した例大祭カタログは、とらのあな先着限定版・秋☆枝氏の同人誌つきでした。ほくほく。

皆さん、例大祭でお会いしましょう。今回私は買い手です。楽しみ。
[PR]
by hachune-ya | 2009-02-08 20:51 | 東方Project
line

音速が遅いぜ。


by hachune-ya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite