人気ブログランキング |

初葱館 ~The Grimoire of dolls

hachuneya.exblog.jp ブログトップ

銅版画の作り方に対する化学的考察

b0121904_20552040.jpg
最近、私は懐中時計を使っています。なんか、お洒落で好きです。

時間を計測しつつ、何かしらの腐食性の薬品を使用する時、腕時計ですと位置的な関係から発生した気体や飛沫に直接接触する可能性が高いですし、特に私の腕時計はやや高価なので、そうなったらかなり凹みますよ。

その点懐中時計の方は、作業台の天井からぶら下げたり出来て便利なんです。

銅版画をエッチングで作るには、銅基盤にニードルで絵を描き、これを硝酸等の腐食液に晒すという手段がとられます。硝酸は濃度によって一酸化窒素や二酸化窒素が生成して厄介なので、塩化鉄(Ⅲ)の酸化還元反応を用いたほうがよいと思いますね。

ああ、版画やりたいな。メゾチントとかもう一度やりたい。

私のホームページ:『The Grimoire of dolls』
(サークル あみゅれっとぉ。HP …イラスト&音楽)
by hachune-ya | 2009-02-19 21:14
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite